急なおでかけの時に便利!今すぐ白髪をどうにかしたい時には、パパッと白髪を隠すことができる一時着色料(一時染め)が便利です。一時着色料は、その名のとおり必要なときだけ色を着けることができ、放置時間も特に必要ありません。作業もすぐに終わります。ただし、着色の持続時間は1日程度で、あくまでも一時的に着色をするだけになります。使用すると毛髪の表面に薄く付着するだけで、毛髪内部への浸透もなく皮膚にもまったく影響しません。

すぐに白髪を目立たなくしたい場合や、皮膚の弱い方、皮膚に炎症が起きている等の理由で他の白髪染めが使えない場合など、幅広い使い道があります。代表的な一時着色料は、次の3種類です。■スプレータイプスプレーで染料を吹き付けるので、髪の表面を広い範囲で着色する場合に適しています。髪の根元部分や内側の着色には向いていません。ヘアセットと同じ成分が含まれていますので、仕上がり感は固くなります。

マスカラタイプ数本の白髪やピンポイントで着色したい場合に適しています。一時着色料は、短時間で着色することができ、髪や頭皮への影響もないことからとても便利なアイテムです。ですが、注意しておかないと行けない事がいくつかあります。・非常に弱く着色されているので、雨や汗で染料が落ちる場合があります。・寝ているときの色移りに気をつけてください。一時着色料を使った日は必ずシャンプーをして、丁寧に洗い流しましょう。

しっかり洗い流していないと、落としきれなかった染料が寝ている間に枕に付着することがあります。・皮膚についた染料は落ちにくいので注意急いでいるあまり、うっかり一時着色料を皮膚に付けてしまうことがあります。商品によっては、この時に付いてしまった染料が落ちにくい場合があります。皮膚以外にも、衣服に付けないように着色する時は注意して行ってください。

関連ページ